弓ヶ浜水産ニッスイグループ

2019.02.13 100尾 魚体測定の実施

銀ザケ等の稚魚を和木漁港沖合いで飼育を開始してから、早や3カ月が経ちました。

そこで今回は、魚がしっかりと成長しているかを確認するため、全イケスで100尾魚体測定を実施しました(1月頭にも実施)。

体測ではまず、イケス内の魚を捕り網で寄せ、麻酔薬の入ったタンクに約30尾ほどサンプリングし、おとなしくなるまで待ちます。そして1尾ずつ魚体重と尾叉長(口の先端から尾ビレが二叉する中央部分の凹みの外縁まで)を計測・記録、これを1イケスごとに複数回行います。その後、計測したデータから成長率と肥満度をパソコンを使って算出し、イケスごとにおおよその魚体重組成を導き出しました。

今後は、1月体測と今回の2月体測の結果をもとに、餌やりの方法や方針、そしてどのイケスから水揚げを行うかの検討をします。

1)DSCN3178edited.jpg

2)DSCN3215edited.jpg

3)DSCN0416edited.jpg

4)DSCN0387edited.jpg

イケスや魚種にもよりますが、最も大きいもので約1.5kgにまで成長していました。
まるまると太っていて、すでに美味しそうです!!笑

2019.2.13


採用情報
共和水産株式会社 共和産業株式会社 ニッスイ 山津水産株式会社
弓ヶ浜水産
〒684-0046 鳥取県境港市竹内団地205
TEL:0859-30-2721 FAX:0859-30-2731